fc2ブログ
アイキャッチ画像
葬送のフリーレン
剣の里とシュタルクの誕生日
 雪山を歩いていると、今度はフリーレンがダウン
シュタルクが御姫様抱っこしていこうとしますが、フェルンが運ぶことに
シュタクルのフリーレンお姫様抱っこ別にいいじゃん
昔、ヒンメルがレプリカの勇者の剣を見せた夢を見るフリーレン

 「剣の里」という村にたどり着きました
かつてヒンメルが勇者の剣を抜いたところなんだとか
出迎えたのがロリっ子の村長、世襲制だそうです

 フリーレンがかつて定期的に現れる魔物討伐することを約束していました
しゃーないので魔物を退治するフリーレンたち
山の主とかでてきましたが全然フリーレンたちの敵ではありませんでした

 シュタルクが洞窟の中を覗いてみると・・・なんと勇者の剣はそのままになっていました
フリーレンの話によると、ヒンメルは勇者の剣を抜けなかったそう
それでも、彼は魔王を打ち倒し「本物の勇者」になることを成し遂げたそう
ヒンメル偉い!


 剣の里を後にして、久しぶりに町に着いたフリーレンご一行
宿を確保して自由行動にします

 宿屋でフリーレンは今日がシュタルクの誕生日だったと思い出します
プレゼントに、「服だけ溶かす液体」をプレゼントするそうです
そいつは最高にステキな代物だな・・・なんて言うと思ったか!
アンタってやつは・・・

 フェルンは怒ってその液体をドボドボフリーレンにかけました
当然フリーレンの肌着は溶けましたとさ、ハッキリと見えなかったけど

 フェルンはシュタルクに何が欲しいが直接聞くことに
外出しているのであちこちシュタルクを探し回ると、彼は空を見て黄昏れていました
雲を見てなんか下品なこと言ってますがw

 シュタルクに何が欲しいか聞いてみますが、彼は今日が誕生日だと忘れていました
家族にも師匠のアイゼンにも誕生日に何ももらったことなかったそうです
そこで、シュタルクは過去のことを思い出します

 シュタルクの故郷は戦士の村
その中で落ちこぼれだったシュタクルを気にかけてくれたのはエリートの兄だけ
でも、魔族が襲ってきたとき、そんな兄たちを見捨てて自分は逃げてしまった・・・

 そんな暗い過去を思い出すシュタルクに、プレゼントをあげるフェルンです
結局、ほどよい値段の腕輪に落ちついたようです

 宿に帰るとフリーレンがでっかいハンバーグを作ってくれていました
それはかつてアイゼンがフリーレンたちに作ってくれたもの
アイゼン曰く、がんばった戦士へのご褒美だと

 シュタルクは、かつて師匠のアイゼンや兄が誕生日に
このでっかいハンバーグを作ってくれたことを思い出しました
そして、逃げ出したのは、兄が逃げろと言ったからだということも
そんなことを思い出しながらシュタルクはフリーレンの作ってくれたハンバーグを食べるのでした

 うんいいお話~
と思っていたら、フリーレンがビンに少しだけ残っていた「服だけ溶かす液体」もプレゼント
いらねーし、それwつか、まだあげる気なのがすごいw


 剣の里とシュタルクの誕生日のお話でした
剣の里では、なんとヒンメルが勇者の剣を抜けなかったという事実が
てっきり抜いたものとばかり思ってましたねえ
伝説を作られて英雄像が作り上げられていたんだ
それでも、魔王を打ち倒して本物の勇者になるヒンメルはすごい

 シュタルクが誕生日を迎えました
そのプレゼントとしてフリーレンがシュタルクの思い出のでっかいハンバーグを作ってあげました
いいお話なのですが、だったら最初からそれにしておけとツッコミたくなりますね
ま、「服だけ溶かす液体」をもらったシュタルクがどういう反応をするか、ちょっと気になりますが(ぁ)

 シュタルクはアイゼンからも兄からもあのでっかいハンバーク作ってもらっていました
ちゃんと誕生日祝ってもらえてたんだ
逃げたのも兄の言葉によるもの、これで少しは過去のトラウマも解消できたかな




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: アニメ・感想
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

葬送のフリーレン 第12話『本物の勇者』今回は・・・まだ、吹雪の中歩いてたのね。フリーレンが力尽きて寝てしまいました。寝たら死ぬぞ。こんな山奥にも人が住んでるんですね。フリーレンもかつて来たところだったのか。ここには勇者の剣があったとか。なるほど、それならかつてのフリーレンたちがここを立ち寄ったのも納得ですね。なぜかその剣がまだ残ってました。魔王討伐後わざわざ返したのか?どうやら、ヒンメルに...

北側諸国シュヴァ山脈を歩くフリーレンたち。 フリーレンは器用なことに寝ながら歩いているよ。 これは自動運行システムの魔法ですか? 剣の里の長は49代目だが、お子ちゃまにしか見えん。 そんな剣の里の長からの頼みは魔物退治。 なんでも剣の里周辺では定期的に魔物が湧いてくる。 なんか、人類の敵 素蚊とゴッキーみたい。 しかし、剣の里の主は巨大です。 魔物と言うよりは怪物。 ...