fc2ブログ
アイキャッチ画像
葬送のフリーレン
変態エルフとの出会い
 アウラを倒し(というか自害させて)解放された死者たちに祈りを捧げるフリーレン
へえ、普段クールなフリーレンがねえ、ちょっと意外

 グラナト伯爵とフェルンにシュタルクもやってきました
フェルンとシュタルクはリュグナーたちを倒したことに、フリーレンから褒めてもらいました
そして、鎧の死者たちの中には、伯爵の息子もいたのでした・・・

 グラナト伯爵から感謝の言葉をもらったフリーレンたち
褒美の品はグラナト家に伝わるフランメの書
・・・ですが、やっぱり偽物です、フランメの書どんだけ偽物あるんだよ
あと、報酬として少しは路金くらいもらってもいいんじゃ

 ゆっくりしていくといい、と伯爵に言われたのでフリーレンたちはしばらく滞在していくことに
その間に、壊れた城壁を直したり、シュタルクの怪我を魔法で治してもらったりとしました
そして旅立ちの日を迎えます

 グラナト伯爵のお見送りを受けました
ここから先を通行するのには、第1級魔法使いの資格がいるだとか
当然、フリーレンが持ってるのかと思いきや・・・持ってません
フェルンが3級の資格を持っているそうですが、フリーレンは無資格
なので、資格取得のため、北側最大の魔法都市を目指すことに
そこで、資格の学校でも通うのかな?

 街を出てすぐに猛吹雪に、北側諸国の冬はハンパないそうです
シュタルクが吹雪にやられてダウン、それでもデュエリストか(ぇ)
フェルンが担いでいくことに、普通逆のような気がしますが

 麓に山小屋があるというので扉を開けて入ってみると・・・
上半身ハダカの変態さんがスクワットしていました(汗)
フツーに入ろうするフリーレンは流石ですw

 その変態野郎はなんとエルフ、そしてモンクなんだとか、その名は「クラフト」だそうです
気絶していたシュタルクがようやく目覚めました、ハダカのクラフトの腕の中でw
なぜいちいち脱ぐ必要があるのさ

 フリーレンとフェルンは雪に埋もれたクラフトの積み荷を回収しにいくことに
このままじゃ山を越えられないし、食料もあるからしばらくここに滞在することに
んで、かるく半年ほどいたようです・・・って、また無駄な時間を
まあ、雪すごいししゃーなしか

 ある日、クラフトはフリーレンに女神様を心の底から信じていると言い出します
食事の前に祈りを捧げていましたしクラフトは実は信心深いよう(フェルンも)
で、ここから真面目な話になりました
クラフトが女神様を信じているのは誰かに自分を覚えていてほしくて、
天国に行ったとき褒めてもらいたいから、なんだとか

 そして、フリーレンに身の上を話せと言い出します、そうすればオレが褒めてやる、と
フリーレンは話そうとしますが・・・過去にハイターに同じことを言われ褒めてもらったことを思い出しました
なので、やめておくことに、でもいい友人のハイターはもういない・・・
でも、今頃天国でヒンメルとパリピしてるんじゃないの(ぇ)
このクラフトただの変態さんではありませんでした

 道が違うので去っていくクラフト
また、再登場しそうですね
フリーレンたちは気候も落ちついたようなので、山越えするのかな?


 グラナト伯爵領から旅立ち、モンクのエルフであるクラフトと出会う話でした
フリーレンは死者たちを弔うとはちょっと意外でした、ヒンメルよくしつけてくれた(ぇ)
グラナト伯爵は怪我も治ったようでなにより
フェルンとシュタルクも回復

 山小屋でモンクのエルフであるクラフトと出会いました
フリーレンとは同族ですね、彼女は何の感慨も抱かなかったようですが
なぜか、いちいち上半身ハダカになるという変態さん
しかし、信心深いという一面もありました
フリーレンとは同族だから通じ合うところもある・・・のか?

 ハイターのことを思い出しクラフトに身の上は話さなかったフリーレン
いい友人の一人だったハイター、だが彼はもういない・・・
感傷に浸ったみたいなフリーレンでした
久しぶりにヒンメルたちの過去話でてきましたね





 
 

スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: アニメ・感想
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック