fc2ブログ
アイキャッチ画像
るろうに剣心
仮面医者との出会い
 恵も入れてみんなで縁側でお茶を飲んでいました
佐之助たちに何かおもしろい話をせがまれた剣心
ここに来る前の横浜での出来事を語るのでした

 外国人居留地横浜に流れ着いた剣心
イキナリ車引きに轢かれそうになりましたよ
団吉と名乗ったその車引きは行き倒れのところへ
行き倒れの女性がいてエルダーという仮面の外国人の医者が看病にあたっていました
治療のため団吉に頼んでホテルに連れていこうとすると、謎のチンピラ軍団が

 そのチンピラたちを率いていたのは金持ちしか診ない強欲ジジイの医者でした
エルダーのように貧民に医療を施すと、医療の価値が値崩れするとかいうトンデモ理論を振りかざします
外国人であるエルダーに手出しはできないので、行き倒れの女性を始末しようとします
そこに剣心が割って入ってチンピラどもをのしてしまいました、逆刃刀を抜くまでもなかったか
その間に行き倒れの女性は団吉は人力車に乗せました
剣心はエルダーを連れて逃走

 エルダーの泊まっているホテルで女性を治療して落ちついたようです
お礼にエルダーがお茶を二人におごってくれることに
ん?カフェの店員に目のヤバい外人ががいるぞ、こいつレイピア(?)持ってるし
中庭の席で紅茶とお茶菓子を馳走になる剣心と団吉
剣心は紅茶の香りがいいと感じられないよう、それは心が疲れているからだとエルダーに指摘されます
まあ・・・過去にいろいろとあったからなあ

 団吉が横浜を見せてやると言い出しました
ジャンケンで誰が車を引くか乗るか走るかをきめることに
西洋人にジャンケンがわかるのか、という野暮なツッコミはおいときましょう
あいこの連続で決まれないのでクジで決めることに

 で、エルダーさんが人力車引っ張ることになりましたが剣心が乗った状態で全然動かずw
結局、団吉が後ろから押して進むことに
その後、人力車を引く役を入れ替わりにして横浜の町を巡りました
横浜には汽車の駅がありました、そうかこの時代新橋横浜間は鉄道が通ってるんだっけな

 横浜巡りが終わって去って行く団吉
このまま浜っ子になっちまいなよ、と言われる剣心
剣心はエルダーの泊まっているホテルに厄介になることに
エルダーが着替えをしている間にホテルのボーイがエルダー宛てにメッセージの紙を渡してきました
英語言ってるからよくわからねえな

 んで、剣心がメッセージの紙を渡しにドアを開けると・・・
仮面を外して下着姿のエルダーが、そうエルダーが女性だったのです、やっぱりな
慌ててドアを閉める剣心、事情を話すというエルダー

 その間に、例の強欲医者のジジイが謎の外人と密談していました
この外人はどこかの国のお偉方か?
エルダーを亡き者にしたい、だが日本人の自分が外国人に手を下すことはできない
そこで、エスピラーダ(だっけ?)とかいうカフェにいた目のヤバい刺客をつかうことに
コイツはレイピア(?)使いのようです、なんか強そう・・・


 剣心がエルダーという正体不明の医者と知り合いになる話でした
これはアニオリの話ですよね、薫たちと出会う前の話ですね
エルダーは貧民でも医療を施してあげる善意を医者
それを快く思わない強欲医者が外国人の刺客を使って剣心とエルダーを始末しようとしています

 エルダーが仮面をつけていて素性を隠していますね、実は女性でした、途中から気づいてましたが
仮面をつけているのは女性だと気づかれないためのようですね、最初は火傷の跡でも隠すためなのかと思ってましたが
あの時代女性の社会進出が進んでいなかったのは外国も同じのはず
やっぱり女性医者だとなめられるからでしょうかね

 そして、あの目がイっちゃってるレイピア(?)使いと剣心が戦うようです
侍と戦うのが悲願なのか、外国でイマドキ剣術やってるやつなんていたんだ
なんか結構強そうです、ま、剣心の敵ではないのでしょうが




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

るろうに剣心(2023) 第20話 『明治剣客浪漫譚 第零幕 前編』 (画像クリックで公式ホームページへ移動) ≪あらすじ≫ 茶を飲んで団らんのひと時を過ごす剣心たち。剣心は面白い旅の話でもないかとせっつかれる。皆の希望をまとめると、「珍しくて、楽しくて、悪人を成敗した話」。そう言われた剣心が語ることにしたのは、外国人の慰留地として賑やかな横浜での出会い。エルダーという名の、常に仮面を...