fc2ブログ
アイキャッチ画像
葬送のフリーレン
最も多くの魔族を葬った者
 魔族の刺客「ドラート」と対峙するフリーレン
首切り役人の1人、ドラートの得意技は魔法の糸で相手の首を切断すること
しかし、我らがフリーレンにはそんな技は効きません
魔法の糸を無力化してドラートの腕を切断して、ドラートをブチ殺してしまいました
ドラートさん、さらば・・・

 一方、リュグナーとリーリエはグラナト伯爵と部下の兵士たちに剣を向けられます
グラナト伯爵もバカではなく、ドラートが牢の衛兵を殺したことに勘づいたようです
リュグナーは本性をあらわし、血の刃で部下の兵士たちの首チョンパします
グラナト伯爵は抵抗しますが、リュグナーの血の刃で刺され敗北
町の結界を解除させるため生かしておくようです

 フェルンとシュタルクはフードを被ったフリーレンと遭遇
フリーレンはしばらく町の外に出ると言います
リュグナーたちの始末はフェルンとシュタルクに任せる、と
冷たいようですが、フリーレンには考えがあるようです
町の外にいる「アウラ」の軍を叩くつもりのようです
断頭台のアウラは魔王軍の7幹部の1人です

 その夜、グラナト伯爵の屋敷に忍びこむフェルンとシュタルク
グラナト伯爵は椅子に縛られ拷問されて怪我だらけになっていました
リュグナーとリーリエが去った後、やってきたシュタルク
グラナト伯爵の縄を切ろうとしていたら、リュグナーとリーリエが帰ってきました

 震えが止まったシュタルク、覚悟を決めたようです
リュグナーの素早い動きで攻撃をなんとかかわし、受け止めます
それは、リュグナーたちの隙を作るシュタルクとフェルンの策でした
その隙を狙って、フェルンがあの「ゾルトラーク」をぶっ放します
リュグナーの片腕を吹っ飛ばし、深手を負わせます
その隙にシュタルクとフェルンはグラナト伯爵を連れて一旦退きます、トドメは刺さないのか?

 リュグナーは傷口を血で固まらせて止血します
それで、思い出しました
今の攻撃をかつてフリーレンから受けたことを、それでよく助かったな
フリーレンは最も多くの魔族を葬った者、リュグナーのキライな天才

 そのフリーレンは断頭台のアウラの軍と対峙していました


 フェルンとシュタルクがリュグナーたちに戦いを挑む話でした
ドラートは予想通りというか、アッサリ倒されました
リュグナーは大将格だけあって強いみたいです
リーリエの能力が魔力探知以外わからないのが不気味ですね

 フリーレンは断頭台のアウラを倒しにいったようです
さて、このアウラはおそらく強いんでしょう
フリーレンが相手なら敵ではないかな?





スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: アニメ・感想
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

  • 通りすがりの幻想殺し
  • URL
タイトルなし

>魔法の糸を無力化して、あっという間にドラートをブチ殺してしまいました

違いますよ
魔力の糸は無効化できなかったから、糸を操ってたドラートの腕の方を切断したんです

フリーレンでも無効化できない魔力の糸を作れたドラートは普通に強いです
だからフリーレンも「弱い」ではなく「実戦経験が足りない」と評したのです

  • 諸葛鳳雛Author
  • URL
タイトルなし

>通りすがりの幻想殺しさん、コメントありがとうございます

 
 魔力の糸無効化できなかったんですね、勘違いしてました。
ドラートも強いんですね、実戦経験が足りなかったのですか。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック