fc2ブログ
アイキャッチ画像
るろうに剣心
弥彦と湯太郎
 剣心が雷十太の申し出を拒否すると、イキナリ斬りかかってきましたよ!
剣心が逆刃刀で雷十太の刀を折って、その場は事なきを得ました

 忘れるところでしたが、佐之助が木に縛り付けた由太郎を解放します
弥彦と言い争いになって、神谷道場で弥彦と決闘することになります

 湯太郎は約束通り神谷道場にやってきました、真夜中にw
早速、弥彦と竹刀で勝負しようとしますが・・・実は由太郎は竹刀の持ち方すら知らないのでした
雷十太から何も教わっていない様子、代わりに薫が稽古をつけることに

 それから雷十太の許しを得て、神谷道場に通うようになった由太郎
弥彦ともいい関係(?)になってきたようです
由太郎はメキメキと剣術の腕を上げてきました、剣術の才があるようです

 由太郎が強くなりたい理由は「父親を見返したいから」
父親は士族だったけど、今は外国人相手に武士の魂だった刀を売って財を成している
卑屈な父親が我慢ならないようです
でも、この明治の世では仕方ないんじゃないのか?
士族は新政府によって特権を剥奪されてしまったし

 ある日、稽古帰りに剣心や由太郎たちが夜道を歩いていると、湯太郎が雷十太のことを語り出します
かつて、由太郎や父親たちが凶賊に襲われたとき、雷十太が助けてくれたそう
だから、由太郎は雷十太を尊敬しているのか

 すると・・・背後からイキナリ雷十太が剣心に斬りかかってきました!
てめーなんのつもりだ!なおも剣心に斬りかかる雷十太
そして、雷十太は飛びイズナ(字がわからない)という必殺技が剣心を襲います
咄嗟にかわした剣心ですが、片腕を負傷
さらに、まといイズナの余波で由太郎が片腕を負傷してしまいました・・・

 それでも平気の平三でいる雷十太
実は雷十太は由太郎の師匠のフリをしていたのでした
それもこれも新古流を興すために資金を出資者の由太郎の父親から出させるため
強盗を助けたのも狂言だったそうです、こんの野郎~!

 完全に怒った剣心は雷十太にしばらく待つよう言って、由太郎の腕の手当をしにいきます
恵が助手を務める診療所に連れていった剣心たち
医者の爺さんが言うには、由太郎の命に別状はないが、腕の神経の筋をやられている
もう二度と剣術はできない、と・・・
なんだと・・・


 雷十太が本性をあらわした話でした
雷十太は思った通り性根の腐ったブタでした
由太郎も弟子だとも思っておらず、強盗も自作自演でした
新古流とやらを興すためならなんでもするのね
由太郎は神谷道場に通って、剣術の腕を上げていただけに残念なことになってしまいました・・・




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック