fc2ブログ
アイキャッチ画像
葬送のフリーレン
魔族の使者
 フリーレンたちは次の町を目指す途中で、落盤の岩をどける作業をしています
積極的なのはフェルンだけで、フリーレンは報酬目当て、シュタルクもあまり乗り気じゃないみたいです

 で、シュタルクがフェルンに様付けするな、と言ったら急に乱暴な口調になりましたよw
繊細なシュタルクが傷つくので結局元に戻りました

 商人の案内で次に町へ行くと、「解放祭」というお祭りを行なっていました
80年前に勇者ヒンメル一行が魔族を倒した日
お祭りという形を取って、この日だけは昔を思い出すのだそうです
とはいってもいつの日か完全に忘れ去られるんだろうなあ・・・

 かつて、ヒンメルがリテイク4回して象を作りました
それは、自らのイケメンぶりを後世に残すためw
それと本当はフリーレンがひとりぼっちにならないため
昔のことを思い出してもらうためもありました
ヒンメルめっちゃいいやつ!


 解放祭自体はすっ飛ばされ、次の町へ向かうフリーレンたち
次の町では魔族との戦いに備えるためなのか、衛兵が多い
そのなかに魔族をみつけ、フリーレンが魔法をぶっ放そうとしたらなぜか衛兵に捕まりました

 どうやら、その魔族は和睦の使者だそうです
和睦とかいかにもうさんくさ・・・
フリーレンは牢にに入れられ、2・3年反省させられるそうです
って、おい!また時間がムダに過ぎていくぞ!

 魔族の本質は捕食者でその言葉は人間を欺くためにある、そう語るフリーレン
この世界の魔族は人の心なんてもたない完全な悪の存在なんですね
和睦の使者としてやってきた魔族リュグナーたちは領主を欺き、防御結界を解除させるためにやってきたみたいです

 そして、フリーレンが牢屋でヒマしていると、リュグナーの配下のドラートとかいうやつがやってきました
ドラートは魔族の本質を知るフリーレンを危険視して始末しにきたのです
魔族ドラートを前にしても自信満々はフリーレンです


 解放祭の話と魔族が和睦の使者にきた話でした
解放祭ではヒンメルが各地に象を残す本当の理由を知ることができました
ヒンメルがただ自分のイケメンぶりを後の世に残そうとしていたわけではありませんでした
フリーレンのためを思ってのことだったんですね

 そして、魔族の本質が明らかになりました
この世界の魔族は人間を欺く絶対悪で倒されるべき存在
和睦の使者にきた魔族たちも領主を欺くためにきたのでした

 フリーレンの命を狙いに来た魔族ドラート
次回はコイツとフリーレンがサシで戦うのでしょうか




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: アニメ・感想
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック