fc2ブログ
アイキャッチ画像
20230818_104201956_iOS.jpg
宇宙人と友達になりました
 主人公の「小ノ星海果」は新高校生に
ところが、明日の入学式を思うとメンタルでお腹痛くなっちゃうような女の子でした
そして、人付き合いが超苦手で話そうとすると顔真っ赤になってしまう子でもありました・・・
さらに、海果は地球に居場所がないので宇宙や宇宙人に興味をもっているアレな子でもありました
そんな海果は流れ星を見つけたので、宇宙人と友達になれますように、とお願いするのでした
なんか海果ってかつての私とそっくりだな・・・

 そして、翌日の自己紹介の時、顔真っ赤でしどろもどろになってしまう海果、あちゃ~
で、迎えた入学式・・・ってあれ?入学式の後、自己紹介という流れにならないか?まあいいけど
そこで遅れて「自分は宇宙人です」と名乗る、はっちゃけ元気っ子がやってきました
まあ、本当に宇宙人なんでしょう、アニメだから(ぇ)

 で、この宇宙人「明内ユウ」は早速クラスメイトと馴染んでしまいました
世知辛い現実世界ならイジめられるところですが、きらら世界では人気者になりました~
宇宙人オタの海果はユウと話がしたい、でも話しかける勇気がありません・・・

 教室のベランダで一人黄昏れていると、ユウが話しかけてきました
うまく話せない海果、ユウがおでこをくっつけると心が読めるみたいで海果のことがわかっちゃいました
本当に宇宙人だったんだ~(ぉぃ)
こうしてユウと話ができた(?)海果でした

 先生の発案で宝探しのオリエンテーションをやることになりました
なんかこの先生もはっちゃけてるw
オリエンテーションかあ・・・中学入学したときにあったな、高校は腐れ果てていたからなかったけど(ぇ)

 ユウとペアを組みたい海果、しかし番号はくじ引きで引くことに
しかしっ、ユウが宇宙人の力(?)で同じ番号を2枚引いてしまい、1枚海果にくれました
念願叶ってユウとペアになりました

 そして、ユウの「宇宙人レーダー」で宝が屋上にあることがわかりました
そして、屋上で海果は意を決して自己紹介するのでした
なになに、趣味はSFとかミステリーの小説を読むことで、将来の夢はロケットを作って宇宙人を探しにいくこと?
海果の将来の夢、イーロン・マスクみたいw本好きというところでは私と同じ、読むジャンルは違うけれど
ユウも自分の星に帰るため宇宙を目指す・・・ってことで意気投合した二人でした
無事、ユウと友達になった海果でした

 ある日、ユウの抱える秘密を探るため、尾行しようとする海果
アッサリ失敗するわけですがw
ユウに自分の家に招かれる海果、基地とか言ってたからどんな設備あるのかな、ワクワク

 ユウの家は海辺の使い古された灯台でした、な~んだ(ぉ)
ユウは地球に来るまでの記憶がないそう、気がついたらここにいた
地球で何かやらなきゃならないことがあるらしい、ん~なんなんでしょう?

 最後に謎の少女が灯台の近くに来ていますよ
序盤にクラスで海果に声をかけてくれた子ですね


 宇宙人オタクの海果が宇宙人のユウと友達になる話でした
実はこの作品U-NEXTで配信されてないからTVerで見ました、CMばっかりでウザかった~
それはさておき、主人公の海果は極度のあがり症でコミュ症、見てて応援したくなっちゃうタイブの子です

 宇宙や宇宙人に憧れる海果が本物の宇宙人であるユウと友達になれました
宇宙を目指すためロケットを作るのが夢だそうです
なんか、この作品はロケット作る話になっていくみたいです

 ユウはいつも笑顔のはっちゃけた少女
笑顔の裏に悲しみを抱えているとか?実はなにか闇があったりして

 あと、「宇宙語」とかあるんですね~、辞典がAmazonで買えるとは知りませんでした(ぇ)
それと、海果がかつての私とそっくりです、私もお腹痛くなってましたよ
宇宙のこともわりと好きですね~、宇宙人と友達になりたいとは思わないですが




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: アニメ・感想
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

第1話 彗星エンカウント 小ノ星海果は高校入学。前日は緊張で眠れない。星空に流れ星。極度のあがり症で他人と上手く話せない。それで宇宙人とならテレパシーもあれば意思疎通が可能と思い込む。それから宇宙人となら話せると考えるようになった。でも宇宙人なんて居ないと否定されてきた小中学生時代。それからは、他人と話すのが苦手になってしまった。クラスでは自己紹介が始まる。名前を告げるだけでも緊張。それから...