fc2ブログ
アイキャッチ画像
戦国軍師列伝
井沢元彦:著

 この本では、戦国時代に活躍した「軍師」と呼ばれる人たちを取り上げています
ただ、戦国時代に軍師という言葉はなく、軍師が使われ出したのは江戸時代からだそうだけど・・・・・・

 まずは大河ドラマにもなった「山本勘助」
知ってはいたけれど、この人物長い間架空の存在だとされていたんだそうです
名前が記された古文書の発見により、その存在が立証されたそう。
勘助の能力ですが、計略とかは苦手だそう、上杉謙信に啄木鳥戦法見破られてますし
計略よりは外交とかのほうが得意だったそうです
なんか、江戸時代は竹中半兵衛や黒田官兵衛より山本勘助のほうが有名だったそうですよ

 次に、有名な「竹中半兵衛」と「黒田官兵衛」
ただ、この2人秀吉の陰に隠れて活躍ぶりがあまりわからないそう、えー、がっかり・・・・・・
でも、秀吉の活躍の裏にはこの2人の存在が大きいと著者は指摘しています
今後、新資料とかでてきて活躍が明らかにならないかな?

 そして、上杉景勝の家老「直江兼続」、直江状で有名な人ですね
この人優秀だそうですが、結果的に関ヶ原で負けて領地減らされてしまったから、あまり兼続の評価しない人がいるそうです
著者は減らされたとはいえ、上杉家の領地は残ったのだからと評価しています
景勝が家康に従いたくないと言っている以上、最善の方法を取ったのではないか、と
そう言われればそうかもしれませんね

 「織田信長」や「義経」などは大将と軍師を兼任してしまった人だと
信長は政治家としての才能もあった人ですが、義経は政治的センスがまるでなかった
それが、頼朝に嫌われて悲劇へと繋がってしまった

信長は政権の永続性のため、自ら神になろうとして失敗した
著者は前例がなかったのだからしょうがない、はじめて空を飛ぼうとした「リリエンタール」と同じだと
その失敗の前例があったから、「徳川家康」は自らを神格化することに成功したのだと

 最後に、幕末の長州の「高杉晋作」や「大村益次郎」も軍師に含めています
「四境戦争」で陸戦では大村益次郎が活躍して勝利、海戦では高杉晋作が活躍して勝利しました
陸戦では兵器の近代化に成功した長州が有利だった
ただ、海戦では長州の船は小さく幕府方のほうは巨大船をもっていた
だから、著者は四境戦争での海戦での勝利は奇跡だと言っています
未だに晋作がどうやって勝ったかわかっていないそうです、知らなかった
晋作すごすぎるだろ・・・・・・

 他には「真田昌幸」なんかも軍師に入るかもしれませんね
他にも知られていない軍師いるかもしれませんね




スポンサーサイト



ジャンル: 本・雑誌
テーマ: 読んだ本。
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック