fc2ブログ
アイキャッチ画像
居眠り磐音27
佐伯 泰英:著

家基の深川巡り
 久々にこのシリーズを読みました
やっぱり江戸の深川界隈の人たちいいなあ~
宮戸川の鰻屋とか今津屋とか

 さて、山県出羽藩まで奈緒の危機を救いにいった磐音
その帰り道の道中で、若い藩士を雇われ浪人から救います
どうやら、麻生藩という藩の内紛らしいです
この内紛に磐音が関わっていくのかと思いきや、速水様の力でなんとかなってようです
とんだ肩透かし

 でも、磐音に因縁つけて雇われ剣士の菱沼というやつが付け狙ってきます
尚武館で1体1の対決で剣を抜く前に拳の骨砕かれます、こいつ鬼弱いですねw
でも、ケガが完治したら、また磐音のこと付け狙ってきそうで、気になりますが

 で、家基様がまた江戸遊覧したいと駄々をこねたので、磐音たちがその警護します
やれやれな人です、徳川一門がそうたびたび城下に出てはダメでしょう
最後のほうで遊覧は駆け足で描かれてましたが、宮戸川で鰻も食して家基様も満足されたようです
どてらの金兵衛さんと遭遇してしまい、そのやりとりがまたおもしろかったけど

 当然、田沼一派はその情報をつかんでおり、刺客を送ってきます
名前忘れたけど、最後に磐音が斬り捨てて事なきを得ました
日をずらしたのになんでわかったんだ?

 あとは、柳次郎さんがお有さんと結ばれて品川家を継ぐことになったこと
武左衛門の旦那が生計のため武士の身分を捨てること
といったことがありました

 んにしても、柳次郎さん、磐音が尚武館の若先生になってから(?)話にあまり関わってこなくなったような
好きな人だからもっと活躍してほしいですね、磐音が江戸に来てからの友人ですから

 年番方与力の笹塚様はまた磐音が悪党を叩きのめして金子をてにいれたのでホクホクのようですw
こんなに世話になってるんだから磐音に謝礼くらい出せよ
以前、力になってやったことがあったっけ?


 久々に江戸時代にいってきました~、また続きを読んでみたいと思います




スポンサーサイト



ジャンル: 本・雑誌
テーマ: 読んだ本。
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック