fc2ブログ
アイキャッチ画像
アルセーヌルパン対明智小五郎
松岡 圭祐:著

大怪盗と名探偵
 今作は、大怪盗アルセーヌ・ルパンと日本を代表する名探偵明智小五郎が現実の歴史に溶けこんで登場です!
ルパンシリーズは全作読んだのですが、明智小五郎シリーズは読んだことないんですよね……。
つか、明智小五郎って名前だけでどういう人物かもよく知らなかったり。

 さて、ルパンは明智がさらわれた自分の息子なのではないか、という情報を得て日本にやってきます。おお、大怪盗が日本に上陸か!
フランス語しかわからないルパンは奇術師見習いのフランス語を解する平吉と出会い意気投合します。ヘッポコ奇術師の平吉はルパンの弟子となり成長していきます。

 対する明智は頻発する黄金仮面による古美術品盗難の事件にルパンが絡んでいると思い捜査の乗り出します。
そして攫われた大鳥家の令嬢不二子。
複数人の黄金仮面を追っていくうちにルパンに邂逅します。

 そして、黄金仮面たちの正体は盗賊団のラヴォワ一味の4人だと判明します。
しかし、ラヴォワ一味の真の狙いは……戦闘機で東京を焼け野原にすることだった!!!
なんか日本の株価暴落させて儲ける気だったみたい。
古美術品の盗難に京都ではなく、東京を狙っていたのは焼け野原にする前に回収するため。
この真の目的には思い至らなかった!なんというやつらだ!

 そして、姿をあらわしたラヴォワ一味の黒幕である真の敵、それは…

 カリオストロ伯爵婦人!!!!!

 死んだんじゃなかったのーーー!? まあ、推定でしたからね、しっかりと生きていたのか。
そして明智はルパンを殺そうとしたラヴォワ一味のリュケ・バラカこそルパンの息子だと見抜きます。
ええーーーーー!? これまた衝撃の事実!! 
カリオストロ伯爵婦人によって悪人に育てられてしまったようです。

 そしてそして、このラヴォワ一味とルパンと明智がタッグを組んで戦闘機による空中戦を繰り広げます。
ラヴォワとカリオストロ伯爵婦人の機体に戦闘機で突っ込んでいくルパンと明智は最高にカッコいいね!!
その前に、ルパンが明智に「君が私の息子だったらなあ」なんて言ってましたね、敵対していたのにずいぶんと明智を信頼したものです。

 これで話は終わりません。最後はルパンvsカリオストロ伯爵婦人、明智vsラヴォワのタイマンの対決になっていきます。
2人とも敵に勝利しましたが、カリオストロ伯爵婦人はバラカと一緒にモリアーティ教授よろしく滝に落ちていきましたが、今度こそ死んだのかな?
死んだと信じたいなもうでてきてほしくない、バラカが最後に善人になったのはルパンは救われたな。

 話は大団円を迎えて、アルセーヌ2世が誕生し、平吉が怪盗二十面相になっちゃいました。
この平吉が明智の敵になっていくんですね。

 あと、張作霖の爆殺事件の話もでてきましたね。
そういや、あの事件謎があるそうですよ。
ウェベールとか懐かしいやつもでてきましたね(偽物でしたが)

 この小説すっごくおもしろかったです!
また、物語の中の探偵とかが現実の歴史に登場してほしいな。
エルキュール・ポワロとかミス・マープルなんてどうでしょう。




スポンサーサイト



ジャンル: 小説・文学
テーマ: 文学・小説
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック