fc2ブログ
アイキャッチ画像
どうする家康
数正との別れ・・・
 小牧・長久手の戦の初戦で大勝した家康
だが!秀吉もさるもの、信雄を抱き込んで領土を安堵するという約束で味方につけてしまった!
信雄、なんつーいい加減なやつだ!!
徹底抗戦を主張する家臣たち、だが冷静な正信は形だけでも和議を結ぶべきと進言
それを容れた家康、数正を使者として秀吉のところに向かわせます

 だが、数正は人質を差しだせという不利な条件を突きつけられてしまいました
仕方なく、家康はお万との間にできた子を人質に差しだします、結城秀康さんですね
が!話はこれで収まりません、なんと秀吉が公家の最高位「関白」に任じられた、という知らせが届きます
秀吉が関白に任じられるまでの裏工作は描かないんかい!近衛家の養子になって関白になったんだっけか?
さらに「真田昌幸」を抱き込んで家康軍を敗北させました、昌幸は「真田丸」以来の登場だな

 家康はまたも数正を使者に立てて秀吉のところに
大阪城は黒い、そういえば最初の大阪城は黒かったと聞いたことが
秀吉は数正に大阪に屋敷を与えるから臣下になれと命令しますが、数正はこれを拒否
臣従を迫る秀吉にも我が主人は臣従したわけではないと強気
そんな数正にまた人質を差しだせと秀吉は命令、さもなくば家康の領地が焼け野原と化すと脅します
これは、力関係が違うな

 また不利な条件を突きつけられたことに怒る家臣たち
岡崎で籠城して徹底抗戦を主張する直政
イカサマ師正信も秀吉がヘタを打てば天下が崩れるかもしれないと期待
事実ヘタを打ってくれるわけですが
家康も人質は出さず岡崎籠城して徹底抗戦を決意

 しかし、数正は家康に秀吉に臣従することを進言
激怒する平八郎・小平太・直政、平八郎は「誰の家臣か」とまで言ってきます
直政に至っては調略されたか、と斬って捨てようとする始末
家康にも岡崎城主の任を解かれてしまいます
数正孤立してしまった・・・

 数正の家に左衛門尉が訪ねてきます
「殿と話せ」というので家康を1対1で話す数正
もはや、秀吉に臣従するべしとは勧めない数正
家康の天下太平の決意を知り、自分もこれに協力する意向を示します
そして、「自分は殿といつも供にある」みたいな意味深なことを言い残して去っていきました

 そして翌日、数正は家族や家臣たちを連れて秀吉のところに出奔してしまったのでした・・・なんてこった!
唖然とする左衛門尉や家康、数正の家には秀吉こそ天下人という文書が残されていました
てっきり家康に当てた手紙だと思ったのに

 大阪城で秀吉に拝謁する数正とその妻
無言で城内を歩いていく数正、その胸には何を思うのか・・・


 数正が秀吉のところへ出奔してしまう話でした
秀吉に臣従するべしと進言して居場所がなくなって、という感じでした
史実でも数正の出奔はよくわかっていないらしいのでどう描かれるかと思ってました
ま、王道といいますか、歴史学者の人たちが言われている通りにでしたね
なかには家康が秀吉にスパイとして送りこんだ、という説もあるようですが、それはないと思っています

 数正は今後城持ち大名になるわけすが、さしたる功績も挙げることなく亡くなっていきます
数正の出番は今後あるのでしょうか、気になります
数正という人は先が見えすぎていたんでしょうね、秀吉の天下統一という未来が
先が見えすぎるというのも考えもののようです
数正には家康の天下というものは見えなかったようです・・・






 

 


スポンサーサイト



ジャンル: テレビ・ラジオ
テーマ: 大河ドラマ
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック