fc2ブログ
アイキャッチ画像
どうする家康
家康と秀吉勝つのは・・・
 家康は小牧山城に兵を集、堀を深くてして秀吉軍に備えます
戦いは膠着状態の陥り、お互いに仕掛けません

 家康はイカサマ師正信の献策で罵詈雑言を書き連ねた書状をバラ撒く策に
達筆な小平太が筆を取って書き連ねます
なんかずいぶん気弱な策ですが、秀吉は怒ります
こんなことぐらいであの秀吉がか?

 さて、怒った秀吉はどうでるか?
正信は私が秀吉ならこうすると駒を絵図の外へ捨ててしまいます
平八郎はふざけたことを、と怒りますが、家康はその意味を理解しました
秀吉は岡崎を攻める、ということだな

 一方秀吉の陣営では恒興が秀吉に岡崎を責める策を進言します
この策を「中入り」というそうです
秀吉はもったいぶるものの、「すでに考えていた」とその策を容れます

 一方の家康、秀吉の中入りを警戒して小平太に堀の一部を作り直すよう指示します
小平太が現場監督となって人足たちに指示を飛ばします
直政や平八郎もかりだされて泥だらけ、正信は・・・のんびりと握り飯食ってますw

 やがて、直政が正信の命を狙った我らを殿はなぜ信用してくださるのか、と言い出します
正信は恨んだり憎んだりしない、変わったお方と答えます
信長には結構憎んでいたみたいですが
直政は殿のご恩に報いるつもり、正信は飄々としてつかみどころがないですねw

 秀吉のターン!
諸将を集め、中入り策を実行に移します
恒興と長可と堀秀政をその任に当て、総大将は甥の秀次
あ、悲劇の関白様が初登場だ
出陣する秀吉軍、さあどうする家康

 家康のターン!
秀吉の動きを知った家康は、小平太、直政、平八郎の部隊を動かします
そして、突貫工事で作った堀から密かに城の外へ!
秀次、恒興、長可の軍に襲いかかります!
おお、直政の軍は赤備え初登場!関ヶ原でも活躍するんだよね~
小平太、平八郎も大活躍です

 そして、恒興、長可は討ち死に、討ち取られるところはカットなのかよ
秀吉は反抗的なやつらがいなくなってよかった、と言っていますが・・・
秀長たちを集め、この策はやつらが言い出したことと言いふらせを指示、
本当こと言うと、秀吉の評判ガタ落ちだからな

 徳川勢は強い、これは一筋縄ではいかない
しかし、秀吉はもう次に切り替えていて、家康に勝利する秘策を見いだしたよう
敵の総大将は家康でなく信雄、そこを突けば・・・

 家康の陣では大勝利に酔いしれていました
たしかにかなりの大勝だったみたいね
左衛門尉の「エビ救い」も「天下救い」にバージョンアップ!
信雄も大喜びで、天下取った気でいます

 だが、数正だけは違って浮かれてなどいませんでした、次回のフラグか・・・
秀吉には勝てないと家康に言います
我らの弱点を突いてくると、そして信雄のほうを見る数正
すごいな、家康軍の弱点を見抜いて、秀吉の次の策を読んでいるとは
家康も数正の言わんとすることを察したようです


 家康軍と秀吉軍が小牧・長久手で戦う話でした
イカサマ師正信の読みが当たって、秀吉の中入り策を阻止しました
大勝でしたが、あくまで局地戦で勝っただけ
大戦略家の秀吉は次の策を用意していました

 そして、三河以来の旧臣数正との別れが近づいています
次回予告でネタバレしましたけど、いよいよ出奔してしまうようです
史実では理由がよくわかっていないようですが、どういう形で出奔する流れになるのか






 

スポンサーサイト



ジャンル: テレビ・ラジオ
テーマ: 大河ドラマ
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック