fc2ブログ
アイキャッチ画像
家康の本棚
大中 尚一 :著
 この本は、家康が天下を取って江戸幕府を開いた足跡を辿り、どんな本を読んできたのかを教えてくれる本であります
意外なことに家康は「目から鼻に抜ける」武将ではなかったという話です
ではなぜ天下を取れたのか、それは家康の学ぶ姿勢にあったのではないか、と

 知らなかったけど、家康は大変読書好きで本から学ぶことが多かったそうです
幕府を開いた後は、図書館を作り出版事業にまで携わっていたというのだから驚きです
教育熱心だった家康のおかげで多くの寺子屋ができ、当時の識字率も世界トップクラスだったみたいですね
現代の日本ももっと教育のお金をかけてほしいな~。
そして、日本人はもっと本を読んでほしい、家康があの世で嘆いているぞ

 そんな家康はどんな本を読んできたのか
まず「吾妻鏡」とか「源平盛衰記」といった歴史モノ
それから、「孫子」「韓非子」も読んでいたそうです。ちょっと意外
あとは、「貞観政要」ですかね。これで天才政治家になったのか

 家康はイマイチ人気がありませんが、太平の世を約260年続けたという、日本屈指の人物だそうです
今年の大河でも「どうする」とまごついてばかりいないでそういうところも描かれるといいなあ





スポンサーサイト



ジャンル: 小説・文学
テーマ: 読書記録
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック