fc2ブログ
アイキャッチ画像
キングダム第4シリーズ
迫る反乱軍!
各国の要人たちが集まり政の「加冠の儀」が執り行われようとしていました
政の玉座のかたわらには、晶文君、晶平君、太后、呂不韋が佇みます

呂不韋と向かい合い太后はようやく呂不韋に嵌められたことを悟ります
呂不韋は反乱軍の中に息のかかった者どもを混ぜておき、
混乱に乗じて王族を皆殺しにして王位を簒奪するつもりのよう、アンタって人はー!

「最後まで踊ってやるよ!」と腹をくくる太后
太后・呂不韋の破滅が迫っている
ところで太后の本名は趙姫じゃなかった?

儀式が粛々と行なわれ、ついに政は王冠(?)みたいなのを授かります
晶文君さんは感激の涙、李斯は慌て出します

そこへ、反乱軍が迫っているとの急報が!
どういうわけか反乱軍は函谷関を通り抜けてきていたのだ!
政はいち早く玉璽の複製だと見抜きます
なんと太后は預かった玉璽を複製して兵を集めていたのでした、そんな手があったのか

玉璽の複製が可能なら兵をいくらでも集められますと晶平君
ここで呂不韋が加冠の儀を取りやめ討伐隊を出そうとします
が!政は加冠の儀を続けようとします、いぶかしむ呂不韋

そう、政と晶文君は反乱のことを知っていてすでに討伐群を派遣していたのでした
派遣されたのはもちろん「飛信隊」
反乱軍は烏合の衆だから飛信隊の楽勝か?


飛信隊は反乱を鎮圧することができるのか




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: キングダム
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にネタバレありのアニメレビューを中心に書いています

三国志の天才軍師である「諸葛孔明」と「鳳統士元」の名を受け継ぐ者です

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

加冠の儀のために秦国の旧都雍に諸外国から様々な要人が 遣って来た。呂不韋は、反乱を起こすのか? そして、アイ国は咸陽に反乱軍を入場させていた。 呂不韋はアイ国を使って、アイ国の討伐をしながら 秦国を得ようとする企みか。 アイ国が攻めてきたことを口実にして呂不韋は加冠の儀を 中断しようとするが嬴政は拒否。 咸陽に攻め入ろうとするアイ国軍は守備兵を倒し 勢いを増すが、飛信隊が...