fc2ブログ
アイキャッチ画像
キングダム第4シリーズ
紫伯の過去
魏軍を包囲したつもりが逆に包囲されてしまった玉鳳隊
王賁は包囲が完成する前に突っ込んで紫伯の首を取るつもり
関常は反対し脱出してしまいます

この魏火竜の1人、「紫伯」が異常に強くて玉鳳隊の兵士たちは次々と討ち死にしていきます
そして、突っ込んでいく王賁

王賁vs紫伯

王賁の槍の連続攻撃が防がれているー!
顔に傷をつけることはできたけど
ああっ!王賁が防ぎきれず手傷を負ってしまいます

これでは紫伯を討ち取るどころがここで全滅してしまう
王賁は撤退命令を下し自ら殿になろうとします
明日討ち取るためにヤツの槍をもっと見ておく必要がある、と

王賁は最後尾で紫伯の槍を受けつつ撤退
防ぐのが精一杯だな…、こやつ王賁以上の腕の持ち主か
王賁の背中の槍も2本くらい折られてるし…
だがそこは王賁、紫伯から何か感じ取ったようです

そして、紫伯さんの過去
紫伯は養父の大将軍から邪魔だから早く死ねとばかりに前線に送られ続けた
血の繋がらない妹と仲良くなり恋仲になった
しかし、養父に結婚を許されず、義妹は他の魏火竜の嫁になった
が、義妹が紫伯を愛していると言ったために、ソイツに斬り殺されてします
紫伯は烈火の如く怒りそやつら魏火竜3人を葬り去ってしまった

それで、王の逆鱗に触れ長いこと牢屋に入れられてたのか…
味方した他の2人はとばっちり食ったってこと?


果たして王賁は紫伯を打ち破れるのか?




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: キングダム
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にネタバレありのアニメレビューを中心に書いています

三国志の天才軍師である「諸葛孔明」と「鳳統士元」の名を受け継ぐ者です

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

討たれた兵士が築かない程、素早い攻撃をする魏軍の将軍紫伯。 これは王賁以上の素早さか。 魏軍に補遺されつつことを察した関常は王賁に下がるように 進言するが王賁は突破する気。 これは無謀な策? 紫伯 vs 王賁。 隊が全滅しかけようとするところ 王賁は玉鳳隊に退却を指示。 そして 紫伯 vs 王賁 の戦いが再び。 さて、どちらが勝つのか。 次話 『中華の注目』 ...