fc2ブログ
アイキャッチ画像
ルパン三世PARAT6
ルパンの過去絡み
舞台はうってかわって「ニューヨーク」
しかし、ルパンは暇を持て余しておりだらしないカッコで次元のお手製料理をパクついています
つか、次元料理が得意科目になってきているようです、不二子にも見習ってほしいw

その不二子がとびきりの情報をもってきてくれました!
このニューヨークで出所不明のお宝ばかりが出品されるオークションがあるそう
興味津々で不二子タブレットをみつめるルパン
ですが、そのなかで「UNNOWN」表記の赤いダイヤをみつけると目が釘付けに

ルパンが次元に話した赤いダイヤの秘密
それは子供だったころルパンが住んでいた屋敷にあった宝、ルパン1世のものだったそう
何者も盗めなかったそのダイヤを盗み出した女がいた
なるほど因縁のダイヤですか

こうなっちゃ黙っちゃいられない、自分ちのもんは取り返す
まず、老人になってオークション会場を下見
行くたんびに花を買ってあげて、花屋のルパン好みの女の子と親しくなりました~w
そして、仕掛けの虫型超小型ドローンを開発
修行中の五ェ門も呼び寄せました

ルパンがオークション会場に予告状を出したため、銭形警部とやた刑事もやってきます
行ったスグその日から人を配置して出入りする人物を念入りに調査します
あ、赤毛の謎の女も出没している!

そして、迎えてオークションの日
作戦は花に仕込んだ超小型ドローンを会場に配置
ワザと停電を起こして明りが復旧したら、ドローンからニセの映像を流して
オークションの品々が消え失せたように見せかける
パニックになったオークション会場に警官に扮したルパンたちが突入して、ブツを失敬
このような手順です

オークションが始まり停電を起こしてニセ映像を流し、突入したところまではよかったのですが・・・
突然爆発が起こり、謎の女盗賊団が襲来
オークション会場の品々を手早く奪うと、警官隊に撃ちまくってきます
ずいぶん荒っぽい手を使うヤツらですね・・・

ビルからビルへへとケーブルを張って逃げようとする連中をルパンが追いかけます
なんか空中浮遊して襲いかかってくるし~!なんなのコイツら!?
あと一歩まで敵のリーダーを追い詰めますが、背後から仲間がバズーカを発射
敵のリーダーの背後のビルにドカンと当り、破片が崩れ落ちます

下にはルパンの懇意を花屋の少女が!
女性を見殺しにするわけにはいかないルパン、ダイヤそっちのけで少女を救出!
ルパンかっくいい!!

しかし、少女の額に傷がついてしまった!
そこへ死んだと思った敵のリーダーの赤髪の女が
どうやらバズーカをぶっぱなしたのは下の少女狙いだったよう
ルパンの弱点が女性だと知っていたのか・・・

「トモエに教えを受けたわりにはガッカリだよ」と捨て台詞を残して去っていく赤髪女
そこへ、次元たちがやってきます
ルパンが次元に言ったトモエという女性は・・・「オレの母親だ」
ええっ?!しかもダイヤを盗み出したのはその母親!?!?


ルパンが母親と対決か!と思ったりもしますが「もうずいぶん前に死んじまった」と言っていたのでそれはないか
で、次はメキシコに行くのか、ニューヨークが舞台じゃないんかーい!




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: ルパン三世
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

第13話 過去からの招待状 不二子が新たな仕事を持ってきた。オークションハウスに有名な秘宝が一同に集まるらしい。その中のお宝の1つに目が止まるルパン。それは祖父の宝物庫から奪われた唯一の品だった。盗んだのは女性、それを持つ男性は既に亡くなった。それだけに出品者が誰か、気になっていた。早速予告状を送るルパン。銭形警部は早々に到着、警備を担当する。会場に花を届けるマティアに接近するルパン。彼女の...

ルパン三世の新エピソードのスタートです。 今回ルパンが狙うのは、かって祖父のコレクションから持ち出された宝石です。不二子が持って来たオークションの出品の中に、その時に盗まれた宝石が含まれていたのです。 早速ルパンは行動を開始しますが、銭形警部のチェックが厳しくてオークション会場に近づくことも困難です。そこでルパンは超小型の昆虫型ドローンを会場に忍び込ませました。そこでルパンが目をつけたの...

ルパン三世 PART6 第13話 『過去からの招待状』 ≪あらすじ≫ ニューヨークに構えられたアジト。次元の手料理を食べながら退屈を憂うルパンのもとに、不二子があるオークションの話題を持ち掛ける。世界各地の秘宝が一度に出品されるという、異様な競売――当然、興味を持つルパンだったが、出品リストにあった宝石の記載を見て目つきが変わる。出自も謂れも『unknown』とされたその宝は、かつて幼...