fc2ブログ
アイキャッチ画像
半妖の夜叉姫
とわvsせつな
前回、国宝の菊十文字がアッサリと折れてしまったとわ
もろはの鑑定によると波紋の形が全然違って偽物だったようです、あう・・・

ムカデじょうろうはとわの銀色真珠を狙って向かってきます
「よくもせつなを!」と怒ったとわは、なんと折れた菊十文字から妖刀を作り出します!
そして、ムカデじょうろうの胸をぶすり

しかし!ムカデじょうろうはまだ生きていて芽衣たちを狙いにかかります
「早くトドメを刺せ!」ともろはが叱咤しますが、「無理でしょ」と再び妖刀を作り出すことができないとわ
結局、せつなが長刀でムカデじょうろうにトドメを刺しお骨になりました、やり~
ムカデじょうろうの頭蓋骨は賞金稼ぎのためもろはがいただき、とw

10年ぶりに対面を果たすとわとせつなの姉妹
ですが、せつなはとわのことを全く覚えていません、なに~
あまつさえ殺そうとするありさま
やめろともろはが割って入ります
そこで、3人が半妖であること、とわともろはの父親が殺生丸であることを告げられます

そんなこんなしていると、どこからでてきたのか「飛頭根」という妖怪がとわに取り憑きます
この飛頭根は大した妖怪ではないものの他人に取り憑いて力を自由に使えるそう

とわを操り妖刀を復活させる飛頭根
もろはは芽衣たちを逃がし、せつなが相手をします
双子の姉妹同士の対決か、これはおもしろい(ぇ)
が!とわの妖力の前に「旋風陣」も「濡れた血の燕」も全く効きません

とわTUEEEEEE!!!!!

もろはがとわの攻撃を反らしてくれなかった危なかったですね
さらに、とわの妖刀連打攻撃を食らって押されるせつな
そこへ芽依がやってきます
すると、幼子のほうが操りやすいとみたか飛頭根は芽衣に乗り移ります

正気に戻ったとわが石で攻撃してくる芽依を抱きしめます
その姿に心を打たれたかせつなが鱗粉(技の名前忘れました)でとわたちを眠らせます
そして、退治屋の薬をまぶすと飛頭根が飛び出してきて死亡
そんなものあるんだったらもっと早く使わんかい!

一方の戦国時代では、琥珀たち退治屋が事の次第を楓様に伝えます
とわとせつなはやっぱり殺生丸様の娘たちでした
15年くらい前に殺生丸様が生まれたばかりの二人をどこかへ連れて行ってしまった、と
やがて成長したせつなが楓様のところに現れた
そしてこれは「ごうおく(字不明)の試し」であると
殺生丸様の二人の娘への試練ですか、生まれてすぐとはキツッ!
時代樹に根の首が絡まり時代を超える力を手に入れたみたい
あと、骨食いの井戸使えなくなったのね

現代ではとわ・せつな・もろはの三人は草太の日暮家へ泊まることに
草太の奥さんが博物館から借りた菊十文字はずっと借りっぱなしにすると言ってますよ
いい性格をしてますねw
芽依たちの前にすっぱで現れるもろはさん、デリカシーのないところは犬夜叉にそっくりw

せつなに拒絶されてふて寝するとわ
「惰眠を貪るようなやつを我が姉とは認めん」相変わらず強情なせつな
もろははせつながなぜ眠らないのかを見抜きました
せつなは「眠らない」のではなく「眠れない」のだと
「夢の胡蝶」という呪術で夢と記憶を食われ、もう眠ることも夢を見ることもできなくなってしまった・・・
とわのことを全く覚えていないのもそのため
おバカさんかと思ったらなかなか頭いいじゃないかもろは(ぉ)

あの時手を放してしまったからせつなはこんな風に、と自分を攻めるとわ
ベッドから飛び降り何かを宣言します


これは・・・とわも再び戦国時代へと行きますかね




スポンサーサイト



ジャンル: アニメ・コミック
テーマ: アニメ
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にネタバレありのアニメレビューを中心に書いています

三国志の天才軍師である「諸葛孔明」と「鳳統士元」の名を受け継ぐ者です

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ムカデ妖怪 三つ目上臈に菊十文字を叩きこんだ日暮とわ。 しかし、菊十文字は真っ二つになってしまいました。 国宝の菊十文字は偽物だったの? そっか。そっか。 菊十文字は、誰かにすり替えられていたのね。 しかし、日暮とわの目が光り菊十文字の刃が 出てきてムカデ妖怪 三つ目上臈を突き刺し 妖怪退治完了! 悪事をはたらく妖怪に天誅を! しかし、止めを刺したのは、せつなでした。 ...