fc2ブログ
アイキャッチ画像
奇貨おくべし 天命編
宮城谷 昌光

理想は叶わず
趙の邯鄲で出会った「子楚」に目を無事皇太子の跡目にすることができた呂不韋
いずれ子楚を秦の王にして宰相になり理想の政治を行っていくつもりです
しかし、この子楚ってのがつまらんヤツですな
勉強嫌いのうえ酒と女が好き、まるで三国志の劉禅みたいです
よかったところは呂不韋の言うことを聞いて好きなようにやらせてくれたところですか

そして荘襄王が亡くなり息子の王もすぐに死去、死ぬのが早すぎて何かありそうですが・・・
子楚が王になり呂不韋はついに秦の宰相に、やったー!
呂不韋は民が安心して暮らせる理想の政治を行おうとします
さすがに民主主義を目指していた、というのはあの時代どうかな、と思いますが
まあ、古代ギリシャでは民主政治が行われていたわけですが

呂不韋さん政治家として有能なだけでもなく戦にも強い
合唱軍を起こした信陵君(当時最強らしいです)を撃ち破ります
キングダムでは激戦になってますが実際は大したことなかったよう
あと、キングダムでは信陵君でてきませんね、なんでだろ?
蒙ゴウさんとかヒョウコウさんとかキングダムでもでてくる将軍たちが活躍してくれます
この二人は呂不韋が抜擢したんですね、人を見る目もある

やがて子楚も亡くなり子の政が王として即位します
なのですが・・・コイツが根暗なうえ陰謀好き、キングダムの政とはだいぶ違いますな~
邯鄲に置き去りにしたことを根にもっており呂不韋を遠ざけます
守ってやっていたのに逆恨みだろ
始皇帝はやたら根にもつし焚書坑儒という愚行をするし好きじゃないですね
呂不韋の代わりに李シを重用、コイツ陰謀家だったのね
始皇帝亡き後趙高とかいうバカに粛正されますが
あと、この小説では政は呂不韋の子供のようです

高宮に送りこんだロウアイというやつが謀反を起こし責任を問われる呂不韋
官職を罷免させられたうえやがて蜀に左遷させられます
毒を飲んで自害する呂不韋・・・なんてこった・・・
天寿を全うしてほしかったな~
呂不韋が宰相のまま秦が天下を統一していたらどうなっていたんだろ?

小説ということを割り引いても呂不韋はスゴイ人じゃないですか!
なんでキングダムの呂不韋は腹黒の悪役になってるんだ!政を良く見せるためかな
「人を助け助けられる、人を富ませて自分も富む」これが呂不韋の生き方でした
カッコいいー!自分もこんな風に生きたいものです
金しか目にないウォール街の人たちに教えたい人物ですね

秦が天下を統一できたのは始皇帝の活躍だけでなく
魏ゼンとか呂不韋とかいう人たちが下地を作っていてくれたからなんでしょうね
すると始皇帝がますますつまらない人物に思えてきます
圧政で秦は天下統一後15年で滅ぶわけですし

史実の評価はよくないようですし、私も最初は呂不韋にいい印象は持ってませんでした
でもただ賈人(商人)から成り上がった野心家の人ではないことがわかりました
重ね重ね天寿を全うしてほしかったですね~残念




スポンサーサイト



ジャンル: 小説・文学
テーマ: 歴史小説
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にネタバレありのアニメレビューを中心に書いています

三国志の天才軍師である「諸葛孔明」と「鳳統士元」の名を受け継ぐ者です

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

  • うしつぎ
  • URL
コメントで推参

>キングダムでは激戦になってますが実際は大したことなかったよう
>あと、キングダムでは信陵君でてきませんね、なんでだろ?

 アニメできちんと台詞を聞いていないようですね。アニメの魅力は画のみに非ず、きちんと台詞も聞きましょう。

 まず合従軍はいくつか起こっていましてキングダムのアニメでは最後の合従軍です。 信陵君メインはそれ以前のことで李牧が活躍する頃には信陵君は秦の離間の計略に嵌まり酒毒でひきこもり常態化してます。

>呂不韋を飲んで自害する呂不韋・・・なんてこった・・・

 原作で遂にこの展開をしました。けれど漫画なのでオブラートに包むお話になった。宮城谷昌光さんのこの本を既読だったので嬉しかったです。

>なんでキングダムの呂不韋は腹黒の悪役になってるんだ!

 でも小物の悪役でなくスケールでかい悪ですね。付き合いたくないけど嫌いじゃないです。最初のキングダムの頃は嫌いでした。

>秦が天下を統一できたのは始皇帝の活躍だけでなく魏ゼンとか呂不韋とかいう人たちが下地を作っていてくれたからなんでしょうね
>でもただ賈人(商人)から成り上がった野心家の人ではないことがわかりました

 正にその通りですね。春秋戦国時代で商人から宰相までのし上がったのは斉の管仲とこの呂氏のみが著名です。二人とも宮城谷昌光さんの小説の洗礼をうけてます。

  • 諸葛鳳雛
  • URL

うしつぎさん、コメントありがとうございます。

>まず合従軍はいくつか起こっていましてキングダムのアニメでは最後の
>合従軍です。 信陵君メインはそれ以前のことで李牧が活躍する頃には
>信陵君は秦の離間の計略に嵌まり酒毒でひきこもり常態化してます。

ああ、そうでしたか。最後の合従軍なんですね。

>原作で遂にこの展開をしました。けれど漫画なのでオブラートに包む
>お話になった。宮城谷昌光さんのこの本を既読だったので嬉しかった
>です。

まだその原作の展開は読んでないのですが聞きました。
オブラートに包むお話になったんですか。

>でも小物の悪役でなくスケールでかい悪ですね。付き合いたくないけど
>嫌いじゃないです。最初のキングダムの頃は嫌いでした。

スケールのでかい悪ですか。
宮城谷作品の呂不韋とかけ離れていて好きではないですね・・・。

>正にその通りですね。春秋戦国時代で商人から宰相までのし上がった>のは斉の管仲とこの呂氏のみが著名です。二人とも宮城谷昌光さんの>小説の洗礼をうけてます。

呂不韋、もっと評価されてもいい人物だと思います。
ただの野心家扱いされてる気が・・・。
呂不韋さんが宰相のまま秦が天下を統一してほしかったですね。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック