fc2ブログ
アイキャッチ画像
ice_screenshot_20180605-183351.png
銀河鉄道の父   著:門井 慶喜


天才の父はつらいよ
これは直木賞(?)だったかを取った作品ですね
興味をもったので一度読んでみようと思いました
結構、文量がありました、あう

有名な宮沢賢治…ではなくその父親の政次郎から
見た賢治を描いています
賢治が主体のときもありますが

賢治は順調に童話作家になったかと
思っていましたが、全然そんなことはあらず
親に金を無心したり、よくわからない宗教に
没頭したりといろいろとやらかしてます

宮沢家は質屋を営んでいて裕福な家でした
でも大人とのつきあいができな賢治は跡を継ぎたがりません
「普通になれない」とか「大人が嫌だ」という悩みを
賢治はもっていましたが、自分にも通じるものがあり
共感してしまいました

賢治は結局若くして亡くなってしまい、
世に認められたのは死後になってからのようで
政次郎の質屋も子供が誰も継がなくて廃業したようです

政次郎さんは賢治に振り回されていましたが、
最後はわかり合えたのかな…と思います
賢治はもっと長生きしてほしかったな

あと、未完の銀河鉄道の夜の創作秘話なんかも
あったらよかったと思います
子供の頃読んだことがありますが、あの作品を
どうやって構想したのか気になりますので


スポンサーサイト



ジャンル: 本・雑誌
テーマ: 読んだ本。
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック