fc2ブログ
アイキャッチ画像
ice_screenshot_20171029-220448.png
大列車強盗   著:マイクル・クライトン


大列車強盗は成功するのか
字が小さくて読みづらかった~

英国ヴィクトリア朝を舞台にピアースとエイガーという
悪党二人が列車の金庫に積み込まれた金塊を盗もうと企みます


大列車強盗と銘打ってありますが大半をその準備に費やしています
まず金庫の4つの鍵を手に入れることから(当時の金庫は鍵のみだったそうです)
ヘビ男を使って駅員の事務所から鍵を盗ませたり4つてに入れるだけでも一苦労


そしていよいよ列車強盗という段になってアクシデントが計画の変更を余儀なくされます
ピアースが列車の屋根をつたって(なんて危ない)金庫のある車両へ向かうところは
手に汗を握り本当にうまくいくのかと思いました
帰りなんて替えの服はないし次の駅に着くまでに元の客車に戻らなければならない
ということではらはらしました


でも金塊は盗めたもののピアースもエイガーも捕まって裁判にかけられることとなりましたが
それで二人ともムショ暮らしで終わるのかと思いきや、
エイガーはオーストラリアに流刑になってなんか金持ちになったっていうし、
ピアースはうまく逃げ出して姿をくらましてしまうし二人ともしてやりました
盗まれた金塊も戻らなかったというしピアースの勝利じゃん


その後のピアースがどうなったか気になるところ
結構楽しめました


スポンサーサイト



ジャンル: 小説・文学
テーマ: 読んだ本の感想等
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック