fc2ブログ
アイキャッチ画像

2017y01m04d_204322838.jpg
虎の牙(上)    著:モーリス・ルブラン



正月に読んだ本です
ルパン・シリーズの12作目です、上下に分かれています
これより過去作は「三十棺桶島」以外すべて読みました






今回は珍しくルパンが主体となって話が進みます
しっかし、ルパンが2度もハメられて何度も殺されかけるとは…
てっきりガストン・ソーブランが犯人だと思ってたら違ったみたいですね、捕まってしまいましたし
誰が犯人なのかなルパンが恋してるフロランスなのか別にいるのか


ルパンは今回マズルーというかつての部下の巡査部長とコンビを組みますが、彼がまた使えないこと
最後にかつてルパンがからかったウェベールに捕まりそうになったところで終わりですが、
どうやって脱出するのか?マズルーが助けてくれそうな気もしますが


敵は徒党を組んでおりかなり手ごわい相手の様子
遺産の2億フランはルパンもあきらめていないようですし、誰の手に渡るのか









スポンサーサイト



ジャンル: 小説・文学
テーマ: 読んだ本の感想等
諸葛鳳雛
諸葛鳳雛

諸葛鳳雛と書いてしょかつほうすうと読みます
主にアニメレビューを中心に書いています

三国志の諸葛孔明の名を受け継ぐ者です!
実は世界を統べるアトランティス王の末裔の1人らしい・・・

コメント・TB・相互リンク大歓迎です!


管理人のプロフィールはこちら

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック